スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣いて笑って 

どうにもこうにも、カズの昨日の発言が気になり・・・。
一度担任の先生に相談してみようと思いました。
そんな事くらいで先生に物申すのもいかがなものかと思ったのですが、
このままで本当に幼稚園が嫌いって事になりかねないと思ったのです。
なぜ給食が食べられないのか・・・。なぜ給食の時間がイヤなのか・・・。
カズの想いをちょこちょこっと手紙にし、おたより帳にはさんでカズに持たせる事にしました。
入園式の日、担任の先生が「何か伝言がある場合はおたより帳にメモ書きを入れてください」と言っていたので。

・・・で、今朝。
カズは大泣きでバスに乗って行きました。
「幼稚園やだ。・゚゚・o(iДi)o・゚゚・。うぇぇん   行きたくない!!」
最後には「給食が怖い!!」と泣いてました。
珍しくバスを待っている間中も泣きやまない。
バス待ちで一緒のママ達は、カズの給食の悩みに関して
「一度先生に相談してみた方がいいよ」と言ってくれました。
良かった・・・今日手紙をもたせて。

バスが向ってくるのが見えたらカズはもっと大きな鳴き声になって・・・
「ヒー・・・お腹が痛い゚・。(。/□\。)。・゚ お腹が痛いよ 」と胃の辺りをさすりながら震えあがってました。

「お腹が痛いなら先生にちゃんとそう言いなよ」そう言うと
「いつも言ってるの。給食の時。・゚゚・(>д<;)・゚゚・。・・・」
そうなんだ・・・・もしかして毎日毎日給食がイヤで、その時間になると胃痛がするのかしら从´_υ`从
体調壊さなきゃいいんだけど。。。

バスが到着しても泣きやまないカズを見て、バス担当の先生が
「ほら泣かないヽ(#`Д´)ノ
泣いてると連れて帰ってこないよ `Д´|ノ」

と一喝。
それに対してカズは泣き顔を引き攣らせて「ハイ」と返事。
そのまま抱えあげられてバスに連れて行かれました(_ _|||)

なんだか・・・今日はすごく胸が痛んだ。
ワタシまで泣きたい気分になった・・・。

他のママ達が「ちょっと今の言い方は無いんじゃない??」「あれはひどいよねぇ・・・」と話してるのが聞こえた。

カズを送り出し、家に戻った瞬間涙が出てしまいました。
カズは給食が食べられなくて・・・給食の時間が憂鬱で、泣いてました。
でも、「幼稚園は楽しいとこ」と言い聞かせながら支度をし、泣きやまないでもなんとかバス停まで向かわせ、イヤでイヤで仕方ないカズの気持ちを何とか前向きにさせる為に「今日は何して遊ぶんだろうね?」「楽しい話聞かせてね」なんて声をかけてた。
そんな中・・・バスに乗る時に叱られたカズ。
どんな気持ちでバスに乗って幼稚園に向かったんだろう。。。
そう考えたら切なくなりました。
あぁぁ・・・ワタシって考え方が甘いんだなぁ。 
幼稚園は集団行動。カズ一人のためにバスを遅らすわけにもいかないし、車内でワンワン泣いてるのは迷惑だよね。
だから先生がそう言うのは普通の事なんだよね・・・。
そう自分に言い聞かせてみたものの、その時は妙に辛かったんです。
はぁ・・・人間出来てないや(o´_`o)

。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜

担任の先生・・・。手紙読んでどう思っただろう。。。
いちいち口出しするうるさい親・・・なんて思ったかなぁ。

そんな事を考えながら一日を過ごし、夕方カズを迎えに行きました。
バスから降りてきたカズはいつもと変わらない笑顔。
「ただいまー!
ママ、あのねあのね、今日一度も泣かなかったんだよo(*⌒―⌒*)o」
と第一声。
「ええ~すごい!ご飯のときも?」
「うん。おにぎりちょっと食べれたんだよ。から揚げも少し食べたよ。
そしたら先生が『絵本読んでいいよ』って言ったの(´▽`*)」

すごく嬉しそうにカズが話してくれました。
良かったぁ。 なんか先生に言われなかったかな?
気にはなったけど聞くことはしません。
おたより帳に先生から何か返事があるかな?と期待もしたけど、それも無し。
まぁ、今日は泣かないで、そして給食も少し食べられたって言うからそれで良し
(❀ฺ´∀`❀ฺ)ノ うん。

。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜

お腹すいた・・・とサンドウィッチを頬張ったカズは撃沈。
その直後、なんと担任の先生から電話が来た!!
「このたびは給食の事でご心配をおかけしまして・・・」と先生。
「いえいえ、こちらこそいつもご迷惑をおかけしてます」とワタシ。
先生といろいろお話が出来ました。
「カズくんの思ってること。事情が知ることが出来て良かったです。
またぜひ教えてください」と先生は言ってくれました。
そして給食時間の様子も伺い知る事ができました。
全然食べないで万一倒れてしまっては困るので「頑張ってもう少し食べよう」と言う事はあるけど、無理じいはさせませんってこと。
カズは「ひとりぼっちになって寂しい」と言ってたけど、
みんなが食べ終わるまで教室で過ごし、全員でちゃんとご馳走さまをしてること。
ただ・・・食べ終わった子供達から絵本を読んだりして遊び始めるのは事実で、
もしかするとカズと同じテーブルの子がどんどん食べ終わってみんな教室の後ろの絵本の所に行ってしまうのが『寂しい』って思ったのかもしれない・・・と先生は言ってました。
ちょっと安心しました。

「確かにここ最近は給食の時に泣いてしまう事が多かったのですが、
今日は自分で『食べる』と言っておにぎりを食べてたんですよ。
本当に偉かったです。
これが自信につながって食べてくれるようになるといいですね」と先生。
ほんと・・・そのとおりです。

最後に「カズくんはいつもちゃんと話を聞いてくれるし、『これはなんですか?どうですか?』と聞くと
真っ先に答えを返してくれるんですよ。園でも頑張ってます」
と先生はお話してくれました。
幼稚園でのカズの様子を知ることが出来て嬉しかったです。

給食については、もっと幼稚園という場に慣れれば徐々に食べられるようになると思うので少しずつ様子をみていきましょう。
って事に話が落ち着きました。
今日、こうやって先生と話が出来て本当に良かったです。
不安が少し解消されました。
あとはもう・・・カズの頑張り次第かな。 こうなったら今度のお弁当は
極少弁当!
全部食べれて「初」金色シールを
        もらっちゃいましょ作戦

で給食の時間の楽しみ&喜びを味わせ、カズの自信をつけさせよう!
なんて・・・そう旨くいくかどうかね(´-ω-`;)ゞポリポリ


落ち込んだり喜んだり・・・子供の成長を見守るのは忙しいものです



スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://fukufuku77.blog34.fc2.com/tb.php/95-8887a9b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。